食材宅配サービスの単品購入と定期購入の違い

食材宅配サービスの単品購入と定期購入の違い 食材宅配のQ&A

食材宅配サービスを利用する上で大きく分かれるのが単品(都度)購入の場合と、定期購入の場合です。
それぞれメリットデメリットがあるため、自身の環境に合った購入方法を選ぶ必要があります。

食材宅配のミソでは単品購入と定期購入それぞれのメリットデメリットをまとめてみました。
今後サービスを利用してみたいと考えている方や、購入方法を見直したいと考えている方は参考にしてみてください!

単品(都度)購入のメリット

食材宅配サービスで、欲しいものがあった時に毎回注文をする単品購入のメリットは、

  • 買いたいものをじっくりと選べる
  • 無理に買い物をしなくても良い
  • 購入のタイミングも自由に調整できる

というところ。
定期購入をすれば、確かに注文をしなくても商品が届きますが、新しい商品が出た時に試してみたり他社の商品と比較してみることができません。

特に新しく利用を始める食材宅配サービスであれば、取り扱っているオリジナル商品をいろいろと試してみたくなります。

気に入った商品が見つかれば、そこから定期購入をすればいいのですが、選ぶ猶予が欲しいところです。
単品購入ならば、購入するタイミングや前回の買い物などは気にしなくてよいのですから、何を買おうと自由です。
毎回違うものを注文して、食べて好みかどうかを確認すれば間違いはありません。

あとは購入のタイミングも自由に調整できるのはメリットの一つ。
たとえ数ヶ月利用していなかったときでも、ふと思い出して、食材を購入しても問題はありません。

購入の手続きを毎回しなければいけませんが、ネット通販を利用しているならば手順は同じですから、むしろいろいろな制限がありませんから気楽に買い物ができます。

単品(都度)購入のデメリット

  • 送料や代金の割引などの特典がついていない
  • 何をいつ買うか自分で決めなければいけない
  • 届くまでタイムラグがあるため無くなる前に注文しなければいけない

食材宅配サービスの単品購入は、送料や代金の割引などの特典がついていないことが多いです。

そのために支払いが割高になるので、家計の負担が重くなります。
お店にいいく必要がないとはいえ、家計の負担が重いと頻繁に注文をすることはできなくなります。

また、何を買うのか、いつ買うのかということをすべて自分で決めなければいけません。
共働きの家庭だと仕事で疲れ果ててしまうと、食材を選んで献立を考える余が持てないこともありますから、たったそれだけのことでも大きな負担になります。

購入のタイミングについても、調味料など切らしてはいけない食材がなくなる前に注文をする必要があります。
家事や仕事で忙しくて、ネットを使う時間もなく単品購入ができなければ料理ができなくなるかもしれません。

ネットを利用していることから、食材がないことに気がついてから注文をしたところで、現物が手元に届くまでにはある程度のタイムラグが生じます。
急いで使いたいから配送が待てないときには、結局近くのスーパーやコンビニで目的の商品を購入する手間がかかります。

定期購入のメリット

  • 必要な品が決まった曜日や時間体に届く
  • 送料や商品の代金に割引が適用される
  • 定期会員だけしか買えない品もある

食材宅配サービスの定期購入を利用するメリットは、必要な品が決まった曜日や時間体に届くことです。
仕事や家事に忙しくて、近くのお店で買い物をする時間がないのであれば、家まで届けてくれるのはとても便利です。
米や飲料水など力の弱い女性や高齢者が買い物をするのは大変な品も、注文すれば届けてくれるので生活が豊かになります。

決まったタイミングで商品が届きますから、初回の購入手続きをすればそれで必要なことは終わります。
あとは自動的に発送されるので、牛乳やパンなど日常で消費するものを、買い忘れることはありません。
旅行などがあれば、発送を一時的に中断ができますから無駄な買い物をせずに済みます。

定期購入を選ぶと、送料や商品の代金に割引が適用されたりすることも大きな魅力です。
家計のことを考えると、スーパーなどで日替わりの特売品を買えばいいのですがそれが出来なくても安く買い物が出来るからです。

商品の中には、定期購入を利用している会員だけしか買えない品もあります。お得なものであったり、厳選された食材を購入できる喜びを得ることが出来ます。

定期購入のデメリット

  • 年会費や入会費が掛かる
  • スーパーに比べると割高
  • ダンボールなどの箱が溜まる

定期購入をすれば割引など特典が受けられることが魅力ですが、そもそも買い物をするために年会費や入会費の支払いを求められる食材宅配サービスもあります。
そうなると、買い物をするときのお得さは薄れます。割り引かれる金額と増える負担をよく考えなければ損です。

それに安いと言っても、料理をつくるためのキットなどを注文すればスーパーなどで購入するよりも割高です。
考える必要がないとはいえ、継続していくことを考えると半年、1年と経過すれば家計にかなりの負担になります。

あとは必要のないときには休止や退会ができるとしても、その手続がわかりにくいこともあります。
ネットで簡単に休止や退会が出来ず、運営会社に電話や書類を提出しなければいけないとなれば我慢してそのまま定期購入を続ける人も出てきます。

食材が宅配されるときのダンボールの処理に困ることもあります。一定間隔で食材が届きますから、家の中にはダンボールが溜まります。
自治体によって紙を回収するタイミングは異なりますが、数週間もダンボールが家にあれば、生活をするのに邪魔です。

単品購入と定期購入の対応状況

各食材宅配サービスの単品購入と定期購入の対応状況は以下の通りです。

単品購入可能 ・パルシステム
・オイシックス
・コープデリ
・わんまいる
・ヨシケイ
・ウェルネスダイニング
・大地を守る会
定期購入可能 ・パルシステム
・オイシックス
・コープデリ
・わんまいる
・ウェルネスダイニング
・大地を守る会
・らでぃっしゅぼーや

基本的には単品も定期も扱っているサービスが殆どですが、中には定期のみ、単品のみのサービスもあるため、事前に確認しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました