食材宅配とネットスーパーの違いとは?

食材宅配とネットスーパーの違い 食材宅配のQ&A

近年はインターネット通販が普及したことにより、食材もインターネットを通じて注文する方が徐々に増えて来ています。

その中でもよく耳にすることが多くなっているのが、食材宅配ネットスーパーという言葉。同じような役割がありますが、細かく見ると多少メリットやデメリットが変わってきます。

ここでは食材宅配とネットスーパーの違いについて解説しています。

食材宅配とは

食材宅配はその名の通り、食材を宅配の形で提供されるサービスのことで、インターネットやカタログで注文を行うのが特徴です。
定期的に希望の食材を宅配してもらったり、必要に応じて宅配で届けてもらうことができます。

具体的に提供される内容はサービスによりますが、消費者が自分で買い物に出掛けたり、注文した食材を取りに行かずに済むのは共通点です。

また、いわゆる有機野菜にこだわっているサービスや、生産者の顔が見える、安全性重視のサービスが充実しているといえます。
食材宅配サービスの中には、宅配を野菜などの素材レベルではなく、調理してから宅配しているものもあります。

加工調理済みで冷凍、冷蔵状態で配達する完成品タイプの他に、自分で仕上げる半調理済みタイプに分けられます。
高齢化や働きに出る1人暮らしの女性の増加によって、食材宅配サービスの需要は高まっています。

少量ずつ購入することができますから、例えばキャベツを丸ごと1玉買って、余らせて腐らせるような心配がなくなりなります。
調理タイプであれば、小分けで食べる分だけ使えますから、まさに無駄がなく合理的です。

食材宅配のメリットデメリット

食材宅配サービスのメリットデメリットは以下の通りです。

メリット

  • 美味しい食材を頼める
  • 安全な食材を頼める
  • 小さな子供がいる家庭に便利
  • 高齢者の方に便利
  • 定期便サービスがある
  • 時短料理をしたい方に便利
  • 栄養バランスを考えた料理を作る際に便利

食材宅配サービスのメリットは、自宅にいながら注文したり受け取れることです。
定期的な宅配サービスなら、食材が不足しそうになった時に、自動で補充される形となります。
定期便があるのも食材宅配の特徴です。

食材宅配サービスの単品購入と定期購入の違い
食材宅配サービスを利用する上で大きく分かれるのが単品(都度)購入の場合と、定期購入の場合です。 それぞれメリットデメリットがあるため、自身の環境に合った購入方法を選ぶ必要があります。 食材宅配のミソでは単品購入と定期購入それぞれのメ...

しかも、調理済みなら温めるだけで食べられるので、忙しい1人暮らしや調理が難しい高齢者に朗報です。

お留守番の多い子供にとっても便利ですから、食材宅配を利用するメリットは大きいといえるでしょう。
カロリー計算が簡単だったり、減塩や特定栄養素の制限食が選べるのも、食材宅配のメリットです。

デメリット

  • 食材が安いわけではない
  • 今すぐ届くわけではない
  • 配達指定もできるサービスとできないサービスがある

一方のデメリットとしては、送料や手数料などのコスト発生により、自分で買い出しや調理するよりも価格が上がってしまうことが挙げられます。

それと今直ぐ使いたい素材があっても、配達日時まで受け取れないのはネックです。
何より、配送の提供エリア外だと、サービスの利用が不可能になるのが問題です。

配達日時が指定できるか否かは、サービスによって変わってきますから、この点もデメリットと言える可能性が出てきます。

ネットスーパーとは

ネットスーパーは、名前からもイメージできるように、スーパーのインターネット版です。取り扱い商品は食品だけでなく、日用品や消耗品なども提供しているのが魅力です。

画面上で注文して希望日時に届けてもらう形ですから、子育てなどで外出が難しい時に役立ちます。
食材宅配よりも比較的融通が利く傾向で、配達時間の指定が行えるサービスも少なくないです。即日ということも可能。

基本的にスーパーに並ぶ商品がネットで注文できるので、自宅がお店に早変わりする感じです。

勿論、宅配エリアはサービス次第ですし、宅配で商品が届けられる以上は、手数料などが発生します。
それでも、スーパーのプライベートブランド商品が買えたり、チラシの特売商品も手に入るのはネットスーパーならではです。

チラシで見た商品をその場で注文できる、そう考えるとネットスーパーの強みが見えてきます。

ネットスーパーの提供は、地域のスーパーマーケットが担う場合が多いので、注文のタイミングによっては即日配達が受けられます。
欲しいものが早く届く、それが食材宅配にはない強みで、食品以外の商品も手に入る点が優位となります。

ネットスーパーのメリットデメリット

ネットスーパーのメリットデメリットは以下の通りです。

メリット

  • 届くまでが早い
  • 日用品や消耗品も揃えている
  • 店頭と共通のポイントサービスを利用できる

ネットスーパーを代表する大きなメリットは、重たいものやかさばるものも、すぐに宅配で届けてもらえることです。
日時指定でより確実に在宅するタイミングを指定できたり、自宅の玄関で受け取れるのもメリットです。

不在時に置き配するサービスの利用を行えば、在宅のタイミングが合わなくても大丈夫です。
当然ながら盗難のリスクはありますから、リスクを理解したり納得した上での利用となります。

ネットスーパーは会員になって利用するのが一般的で、購入金額に合わせて付与されるポイントサービスが用意されていたりします。
店頭と共通のポイントサービスであれば、店舗でもネットで購入してもポイントが貯まったり利用できるわけです。
雨の日でも外出せずに買い物ができる、車を出さなくても良いなど、メリットはまだまだあります。

デメリット

  • 食材の品質にはこだわれない
  • 店頭よりは価格が高め
  • 品切れの可能性もある
  • 営業時間外も配達はできない

しかし、生鮮食品を実際に見て選べなかったり、価格が店頭よりも少々割高に設定されているのはデメリットです。
人気商品は品切れになる恐れがあって、メンテナンス中にサービスの利用が行えなくなるのもネックでしょう。

店舗の営業時間外でも注文できるメリットはありますが、メンテナンス1つで利用できなくなるのは気になるところです。

食材宅配とネットスーパーの比較

項目 食材宅配 ネットスーパー
価格
高め

安い
配達までの早さ
2日~

即日~
宅配頻度
週1

毎日
宅配エリア
全国

店舗から約~5km
配達時間
指定可能

指定可能
入会費用
無料~1,000円

無料
利用開始までの日数
数日

即日可能
送料など
無料~

300円~
注文方法
電話・Webなど

Webのみ
不在時の対応
留め置き・再配達

対応不可
食材の品質
良い

普通
時短キット
豊富

少ない
離乳食など
豊富

少ない
日用品
少ない

豊富
支払い方法 月1回口座引き落とし クレジットカード
代金引換(現金、商品券、電子マネー)
口座振替
ポイント
還元率低い

貯まりやすい

こうして表にするとそれぞれのメリットデメリットがわかりやすいです。
選ぶ際は自身が何を重視したいのかをはっきり決めておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました